×






penhaligon's

オーパス1870 Opus1870
オードトワレ 50ml


オーパスはラテン語で「偉業」という意味を持つ優雅なウッディフレグランス。

シトラスオイルとブラックペッパー、コリアンダーシードの刺激的なハーモニーで幕を開け、あたたかみのあるローズと繊細なインセンスの香りで華やかに。

やがてシダーとサンダルウッドが香り全体に深みを与え、カシミアのような心地よさで、スモーキーでエレガントな香りの世界を引き立たせます。

penhaligon's

penhaligon's

penhaligon's

penhaligon's

penhaligon's

penhaligon's



HEAD NOTES (フレグランスの第一印象)
バーボン、ブラックペッパー、ユズ、コリアンダーシード、ホワイトシナモン



HEART NOTES (5分から1時間後の香りとなる香調の核)
イングリッシュクローブ、ローズ、シナモン、インセンス



BASE NOTES (30分程度で香り始める残香性の高い最も重厚な香り)
シダーウッド、オーストラリアンサンダルウッド、シアラウッド、ムスク




[Penhaligon's/ペンハリガンとは]

ROYAL WARRANTS(英国王室御用達)

ロイヤルワラント
ペンハリガンは二つのロイヤルワラント(英国王室御用達の認定証)を保有しています。ロイヤルワラントは英国王室からパーソナルサービスの依頼を受けている証しであり、現在およそ850の企業と個人にその栄誉が与えられ、王室の紋章を掲げることが許されています。
ウィリアム・ペンハリガンは、ヴィクトリア女王の統治が終わる頃トータルグルーマーとしての実績が評価され、「英国王室御用達の理容師兼香水商」の称号を授かりました。
その後、1903年にはアレクサンドラ女王、1956年にはエディンバラ公、1988年にはチャールズ皇太子から王室御用達の認定証が与えられ、現在も両殿下によるロイヤルワラントを保有しています。
ロイヤルワラントは、確かな品質とサービスを5年以上継続して女王エリザベス2世とエディンバラ公、そしてチャールズ皇太子に提供してきたという証で、企業や職人にとってこの上なく栄誉なこととされています。


多様性にとんだ豊かな遺産
penhaligon's
贅沢できらびやかなヴィクトリア朝時代に生きた英国人のウィリアムは、1860年代後半に故郷のコーンウォールからロンドンに向かい、ペンハリガンのルーツとなる理髪店をジャーミン・ストリートに開業しました。
ウィットと創造性に富み、常に一風変わったものからひらめきを得ていたウィリアムは、1872年にペンハリガンの初めての香り「ハマン ブーケ」を発表しました。
この香りは、当時、同じ通りにあったターキッシュバスのスチームと硫黄の香りにインスパイアされたもので、それはまさに、奇抜なものがもてはやされた時代を象徴するアイディアでした。

penhaligon's
現在のペンハリガンには、由緒正しき伝統と奇抜さが混在するエキセントリックな世界が広がっています。
そして、ウィリアムのデザインによる透明のガラスにボウタイをあしらった香水瓶に入った香りは、今もなおイギリスで作られ、手絞りのベルガモットやゴールドよりも高価なジャスミンなど、上質で希少な香料が使用されています。
時は流れ時代は変わっても、ペンハリガンの伝統は永遠であり、センセーショナルな香りを求める冒険はこれからも続きます。



できるだけ現物に近いお色で撮影することを心がけておりますが、光の具合により若干お色の見え方に誤差が生じる場合がございます事を御理解下さい。
すべてのレッスンを見る

【現金特価】 50ml Opus1870 【正規取扱店】PENHALIGON'S (オードトワレ ペンハリガン) オーパス1870-香水・フレグランス

MOLESKINEモレスキン バッグ プロ バックパック クラシック サファイアブルー ET86UPBKB20

【現金特価】 50ml Opus1870 【正規取扱店】PENHALIGON'S (オードトワレ ペンハリガン) オーパス1870-香水・フレグランス